お客様

【実例】40代のくせ毛ショート。癖を活かしたカットで30年ぶりのショートヘア!

  • twitter
  • facebook
  • twitter

さて、今日もLINEへご相談メッセージが届きました。

LINEの相談内容LINEの相談内容

今日もブログを見てのご連絡です!

LINEでのご相談は、24時間365日受け付けています。(睡眠時以外は)

本日のお客様_陽子さん

陽子さんの施術前

縮毛矯正を施したロングヘアをこしらえてご来店の陽子さん。

初めは少し緊張の面持ちです。

陽子さんの髪質データ

陽子さんの髪の毛

陽子さんの髪質は、

・くせ毛

・軟毛

・乾燥毛

といった感じ。1年前に縮毛矯正の履歴があり、根元〜中間にかけてうねるくせで、毛先以降はストレートという状態です。

普段のセット方法

毎日のセット方法は、ストレートアイロンやコテアイロンでのブロー。

早起きは苦手なので、楽なセット方法をご希望です。

私からのご提案

さて、まずはLINEでの事前カウンセリングです。

LINEの相談内容ILINEの相談内容

強めの癖毛で20年間縮毛矯正をしていましたが、脱・縮毛矯正しながら癖毛カットが得意な美容師さんを探していました。

くせ毛カットで【脱・縮毛矯正】をご希望の陽子さん。

小学生のとき以来のショートヘアで、20年間続けてきた縮毛矯正からの卒業を目指します!

髪質を再チェック

ここでもう一度、陽子さんの髪の状態をチェックしてみましょう。

陽子さんのくせ

大きなうねりと、乾燥が目立ちます。

くせ毛はとても乾燥しやすい髪質なので、パサついてしまわないカットとセット方法が必須です。

そして、1年前に縮毛矯正をされているということで、くせ毛と縮毛矯正が混在している状況です。

陽子さんのくせ

この場合の解決策は2つ。

①縮毛矯正のリタッチをする

②縮毛矯正部分をすべてカットする

のいずれかです。

①の場合は、ストレートな仕上がりに。
②の場合は、くせ毛を活かした仕上がりになります。

今回、陽子さんは【脱・縮毛矯正】を希望されていたので、②の方法をチョイスします!

【脱・縮毛矯正】の場合、毛先に縮毛矯正が残ってしまうと、まとまりづらくハネやすい状態になってしまいます。

しっかりと縮毛矯正の部分をカットして、くせ毛ヘアへシフトしていきましょう!

ということで、今回はくせ毛カットで、30年ぶりの「くせ毛ショートヘア」に大変身です!

くせ毛カットスタート

ここからは、サクサクとくせ毛カットを進めていきましょう!

ベースカット終了時

ベースカット終了時

陽子さんのような強いくせ毛の場合、ショートヘアにすると髪の重みがなくなりこのように横に膨らんでしまいます。

ここからはくせの状態を見極めながら、1つ1つ丁寧に毛束をカットしてきます。

くせ毛カット終了後

くせ毛カット終了後

大きく膨らんでいた陽子さんのくせが、メリハリのあるコンパクトなフォルムに。

くせ毛の方のカット技法はとても独特。くせで広がりやすいからと無闇に梳(す)きバサミで梳いてしまう事はNGです。

梳く事によって軽くなった毛束は、より一層まとまりを失い、かえって広がりやパサつきの原因となってしまう恐れがあるからです。

くせ毛カットのbeforeとafterの比較

今日も大漁☆

床に落ちた切った髪の毛

ご自身でも切った髪の毛を撮影されていました^ ^

仕上がり

陽子さんの仕上がり(正面)

(´-`).。oO( え、パーマ??

陽子さんの仕上がり(サイド)

パサつきのないツヤのある仕上がり。

陽子さんの仕上がり(バック)

陽子さんのセット方法を考慮して、ホホバオイルをつけて「自然乾燥のみ」の仕上がり。

これなら早起きが苦手な陽子さんも、ご自身で毎日再現できますね!

Before

before

After

after

今回のメニュー

□ カット¥11,000(税込)
 

お礼のメッセージ

陽子さん、こちらこそありがとうございます。

ご主人はロングヘアが好きだったようです(涙)

陽子さんとのツーショット

くせ毛に関するご相談/ご予約を、24時間365日受け付けています。お気軽にご相談ください。

スクリーンショット 2022-05-25 7.48.55
 
【関連コンテンツ】


  • twitter
  • facebook