Q&A

くせ毛の種類について解説〜全4種類〜

  • twitter
  • facebook
  • twitter

 

くせ毛と言っても、世の中には様々なくせ毛の種類があります。

 

 

・大きく捻れるくせ、波状に流れるようなくせ、

細かく縮れるようなくせ、広がってまとまらないくせ

 

・加えて全体的にくせがでている方、部分的にくせがでている方

顔まわりだけ、耳後ろだけうねる

 

今少し例を挙げただけでも、たくさんあります。

 

これから、大きく4種類のタイプ別に紹介していきますが、

前置きとして、くせ毛は1つのタイプだけじゃなく混合していることが多いということです。

 

  1. 波状毛(はじょうもう)

  2. 捻転毛(ねんてんもう)

  3. 縮毛(しゅくもう)

  4. 連珠毛(れんじゅもう)

 

字の通りなのでなんとなくイメージがつく方もいるかもしれません。

わかりやすいように、イラストと共に解説していきます!

 

 

1、波状毛

 

S字状にうねるくせで、日本人の7割はくせ毛といわれてます。

その中で一番多いタイプがこの波状毛タイプです。

雨の日に少しうねったり、変則的な生え方をしているのが特徴です。

 

そして、他のくせ毛と混合しているパターンが1番多いとも言えます。

 

 

2、捻転毛

 

捻れて生えているくせ毛で1本の髪の毛で太さが違ったり

切えやすいため切れ毛やパサつきが目立ちダメージと間違いやすいです。

 

日本字のくせ毛にはこの捻転毛と波状毛が混合型のパターンが多いです。

 

 

 

3、縮毛

最も強いくせ毛です。うねりが細かく、強く縮れているタイプ。

一見、硬くごわごわしているようにみえますが、実は繊細な髪質です。

 

 

 

4、連珠毛

 

数珠が連なったように太さに均一がなくぼこぼこしているのが特徴です。

先天性の遺伝も深く関係していると言われています。

 

 

わかりやすいようにくせ毛の4種類についてまとめました。

自分のくせ毛のタイプをこの記事を読んだうえで判断することは難しいと思います。

 

くせ毛のタイプ、髪質、毛量

 

この3つの要素をもとに、ご本人の求めるご要望のスタイルを叶えるためには
カットでくせ毛を生かせるのかもしくは縮毛矯正が必要になるのか最善策をご提案します。

 

ご自身が、くせ毛(地毛)を生かしていきたいのかもしくは抑えたいのかでも

必要なメニューや計画が変わってきます。

 

くせ毛にお悩みでこの記事を読んでいただいた方は、ぜひ一度くせ毛に特化している美容師さん、専門家にご相談してみてください!

 

髪に関するご相談を24時間365日受け付けています。お気軽にご相談ください^ ^

 

担当スタイリスト   土佐

 

土佐の予約、ご相談はこちらのURLもしくはQRコードからできます!

 

 

 

 

【関連コンテンツ】


  • twitter
  • facebook