GTSS

7/4【日報】お客様を持っていくなんて許さん!

  • twitter
  • facebook
  • twitter


 
7:00起床。

木曜は『美容師DAY』!!

ですが、今朝は9:00から役員ミーティングを。

先月末から役員ミーティングの時間を変えて隔週木曜9:00になったので、より一層美容師の予約枠が減りました。

9月を目処に週1美容師を目指しています。
 

さて、渋谷オフィスにて役員ミーティングを終え、タクシーで青山店へ。

12:00から2名を担当し、14:30から見学案内を。

先月まで原宿のサロンに勤めていた男性美容師さんですが、もともとオープニングスタッフとしてオーナーと共にサロンの立ち上げに参画したものの、自身の独立開業のため退社を申し出たところ「すぐに出てけ」と。

またしてもこのパターンですね。(メンヘラ彼氏パターン)

僕がお話を聞く中で、美容師さんの退社時に非常に多いパターンが、
 

退社を申し出る

説得され先延ばしにされる

数ヶ月〜数年仕方なく働く

再び退社を申し出る

「今すぐ出てけ」と突然言われる
 

オーナーさんの心理を推測すると、スタイリストに抜けられると当然サロンの売上は下がるのでどうにか辞められないよう説得して先延ばしにする。(条件交渉することも)

それでもスタイリストの退社の意志が強いと感じた場合、お客様を持っていかれないよう早期の退社を要求してお客様へアナウンスされないようする。

場合によっては、サロン側がお客様に対して事実とは異なる内容のDMをお送りするというケースも…(スタイリストに対してネガティブな印象を与える内容など)
 

これってハッキリいって誰も得しないんですよね…

お客様からしたら、突然スタイリストさんがいなくなり困ってしまうし、

スタイリストからしたら、お客様にちゃんとお話もできずに離れ離れになってしまうし、

サロンにおいてもお客様から不信感を抱かれてしまうし、狭い業界内で噂となりすぐに美容師さんの間で広がってしまう。
 

そもそも「お客様を持っていく」という感覚に違和感があって、それは美容師側の都合で判断するものではなくて、お客様が選ぶことですよね。

サロンの客?美容師の客?

僕がお客様なら「いやいや勝手に決めんでくれよ」という感じ。

広告費をかけてやっと集めたお客様を持っていくなんて許さん!というのであれば、そもそもそのビジネスモデル自体がおかしいのかもしれない。

であれば、人に依存しない仕組みを作るべきであって、美容師に依存する仕組みである以上、お客様が美容師個人についていくことを悪しとするのはどうなんだろう、と。

おかしなこと言ってますかね??

要するに「美容師」って組織を離れても一人で完結できちゃう職業なんですよね。

であれば、組織やチームとしての価値を確立しない限りは人(美容師、お客様)を留めておくことは難しいよなぁと。

そんなことを考えました。
 

長くなりましたね、、

見学にいらした美容師さんは、年内に共同経営での開業を予定していて、それまでの間フリーランスとして自身でアシスタントを雇いながら活動していくそうです。
 

見学案内後は、3名担当予定が1人キャンセルになり2名担当。

ここまで少ない人数のサロンワークは久々で、逆にソワソワしました。

20:30、再び渋谷オフィスへ戻り代表の大庭と1on1を。

と思いきや先客がいたりで、結局スタートは21:30。笑

本当はこの1on1も役員ミーティング同様、朝の時間にしてもらおうかと考えていたのですが、こうして夜にビールを飲みながら近況報告をするのも悪くないなぁと思い提案しないでおきました。

あ、そういえば今朝大庭からプレゼントをもらいました。
 

ポンコツ。

僕にふさわしすぎるアイテムです。

ポンコツはこれからも頑張ります!

ではでは


メンバー大募集!

GO TODAYシェアサロンで働いてみたいという仲間を大募集いたします!

フリーランスの美容師さんをはじめ、数人でのチームで利用したい美容師さんたちも大歓迎です。

もちろん僕もここでサロンワークをしていきます^ ^
オープニングメンバーとして共に育んでいきましょう!

募集は定員になり次第、終了となります。

利用するには?

GO TODAY シェアサロンに興味を持ってくださった方は、LINEにてお気軽にお問い合わせください。




お一人ずつ丁寧にご相談にのらせていただきます!



\こちらのページもぜひご覧ください!/

  • twitter
  • facebook