Q&A, オススメ

髪をバッサリ切った女子は本当に失恋したのか美容師が調査してみた

  • twitter
  • facebook
  • twitter

こんにちは、パーソナル美容師という者です。

ショートヘアに異常なまでのこだわりを持ち、日々ショートヘアをデザインしています。

今日いらしたお客様がロングヘアをバッサリとカットしたいという事で興奮を隠せずにいたのですが、ハサミを入れる瞬間ある言葉が僕の頭をよぎりました。

「失恋すると髪をバッサリ切る」

誰しもが1度は耳にした事のある「失恋すると髪を切る」というまことしやかに囁かれる噂。

僕も学生時代、同級生の可愛いあの娘が突然ショートヘアで登校してきたあの月曜の朝の出来事を未だに忘れる事ができません。

31歳の立派な中年を迎えた今でも女性が突然髪を切る様を見ると心がざわつき始めるのです。「みつは…」と。

果たして女性は本当に失恋をすると髪を切るのか?

そんな女性の心境を想像し、現役美容師としてハサミを握る僕はこう思いました。
 

「実際バッサリ切った女性のお客様に聞いてみよう!」
 

そう、当人に直接聞いてみるのが一番間違いない。我ながらグッドアイデアです。下手をすると失客も招きかねないリスクを抱えながら、僕は挑むのです。なぜなら学生時代好きだったあの娘の気持ちを、今なら分かってあげられるかもしれないから!「みつは…」

っということで、美容室にてバッサリと髪をカットされたお客様に聞いてみます。

ズバリ、

「失恋したんですか?」

【ケース1】会社員のMさん

img_0947
 

「Mさん、失恋したんですか?」

 

img_1258
 

お、失恋ではないのですね。

まぁそんな方も普通にいますよね。

気を取り直して次いってみましょう!

【ケース2】事務職のMさん

deeb34fe-d6e0-42d9-b629-3865951cb58d

「Mさん、前にショートにしたのは失恋したから?」

 

img_0933
 

あ、違うんだ。ですよね、それはちょっと安易すぎますよね。失礼しました。

では次いきましょう!

【ケース3】主婦のCさん

1df7a7ed-51e9-4462-b051-e085e3faed20
 

「Cさんは失恋したから切ったんですよね?」

 

img_0919
 

えっと…あれ、失恋じゃないんすね。そっかそっかちょっと聞き方があれだったかな。

まぁ次に期待しましょう!

【ケース4】主婦のAさん

img_0946
 

「Aさんが切ったのは失恋したからに決まってますよね!」

 

img_0948
 

うんうん、そうですよね。そんなわけないですよね。何言ってんだろ俺。

次いかせて頂きますね。

【ケース5】新妻のKさん

b04425e9-c93d-4d3f-a438-022bc48a4946
 

「Kさんはお願いだから失恋しててください。」

 

img_0911
 

あれ?なんか涙で前が…見えない。

いるよね?失恋した人1人くらいいるよね?
 

「Iさんは失恋ですよね?」

img_1254

「Uさんうっかり失恋してません?」

img_1255

「ズバリ失恋しましたか? Yes or No」

img_1266

「あなたの名前は″失恋″ですか?」

img_0952

「みつは…」

img_0951
 

だれか「失恋」ください。僕にとびっきりの失恋をください。

これほどまでに多くの女性の髪をバッサリと切ってきたにも関わらず、1人も「失恋」が原因ではないなんて。僕の美容師としての10年間は一体何だったのでしょうか?

これじゃあ当時のあの娘の気持ちをこれっぽっちも理解できないじゃないか…

枕を濡らす僕に、天からのメッセージが届きました。
 

img_1256
 

キタァァァァーーーーーァァアアア!!
 

僕が担当させて頂く以前のサロンで『失恋カット』を経験されたお客様が!
 

img_1257
 

複雑ぅぅぅぅーーーー!!!!!ww
 

いやいや、上司の方デリカシーなさ過ぎぃぃい!それに対して反発した結果モテ期を引き寄せるとはさすが過ぎます。やはり女性は強い。ある意味、上司の方ファインプレーかな?

いやはやこれで僕も心置き無く「みつは…」じゃなくてあの娘への想いを消化できます。

しかし、こんなに聞いて失恋カット経験者がたった1人とは。あまりに少ない数字ですね。

そこである1つの疑問が浮かびました。
 

「じゃあなんでバッサリ切ったの?」

 

img_0949
 

なるほど。結婚式では伸ばす事を想定してショートヘアにするなら今だろうと。実に計画的ですね!
 

img_0910
 

いや〜わかる!でも今度また伸ばしたくなっちゃうんですよね〜。
 

img_0912
 

おぉ!ダンスをされているから″あえて″目立つスタイルのショートヘアに。良いですね〜
 

img_0917
 

モヤモヤすると切りたくなる気持ちわかるわかる。過去の自分の写真を見て切りたくなるのもあるあるですね!
 

img_0920
 

右肩…w

実用性という意味ではたしかに頷けますね!周りも驚く事間違いなし。
 

img_0931
 

ダメージが気になり思い切って短くカットするというのもありますね!結果短くして良かった◎
 

img_0934
 

何部?w
 

img_0937
 

ある意味での「決意表明」ですね。なんとも男らしい!

みなさん想い想いの理由があって、大切な髪をバッサリとカットされたんですね。それぞれに物語があり何だか見ていて自然と微笑んでしまいます。

そんな「きっかけ」のお手伝いができる我々美容師も、身が引き締まる想いですね。

しかしそんなそれぞれの事情を知らない周囲の方々は、突然のショートヘアを目の当たりにしてビックリしたんじゃないのかなぁと。

ちなみに、
 

「失恋したの?って聞かれました?」

 

img_0913
 

100点!これ言ったのが男性だったら絶対モテ男!
 

img_0916
 

なんかそれはそれで寂しいですね…
 

img_0921
 

既婚者の方に「失恋っすか?」とか聞くのは僕くらいですよね…
 

img_0925
 

おっちゃん!w 違うよ!1人しかいなかったよ!
 

img_0927
 

冗談っぽく聞いてるけど半分マジかも。
 

img_0930
 

僕、後者です。
 

img_0932
 

うぉぉめちゃくちゃ褒められるのは担当美容師としても嬉しい!

でも皆さん「失恋した?」って聞かれるんですね。ちょっとホッとしました。

まとめ

「女性は失恋すると髪を切る」。

その真意はいわば『都市伝説』のような真実とは言い難いものですが、今なお周囲からは「失恋」を連想するリアクションが投げかけられています。

もはや髪をバッサリカットした女性に対して「もしかして、失恋?」と問いかける事は、一種のコミュニケーションの形なのではないでしょうか。

そして失恋ではなくとも、当人達に何かしらの意図があるのも事実。

女性が大事な髪を切るという行為は、失恋にも匹敵する大きな決意の表れなのかもしれません。

そんな女性達のバッサリカットの様子はこちら!


3年ぶりの美容室!スーパーロングヘアからショートボブへ大変身。


「クセ毛」「猫っ毛」に最適!ドライヤーいらずのショートヘア。
 

 
それでは素敵なショートヘアライフを。


  • twitter
  • facebook